FC2ブログ

また逢えるまで。

『さよなら・・・ぷるぅたん・・・』
そう口に出したら、涙が止まらなかった。

泣きながら、そっとそっと土をかけた。

お見送りする時に、お迎えした日のことを思い出した。
この小さな小さな痩せた体は、家族となったときは
もっとぷるる~~んとしていた。
そうだ、そうだよ、だから「ぷるぅ」だったんだ。

こんなに小さかったんだな、ぷるぅたん。
もっと美味しい物いっぱいあげれば良かったな。

ご飯を食べて、水を飲んで、手の上に乗って、カラカラ回して、
おちりふって、走り回り、毛づくろいをして、チッコして、
グースカとすぐそこで、眠っていたのに。。
とてつもなく大きな存在が、そこに、すぐ側にいたのに。

冷たい暗い土の中で、今何を思うの?
「そりゃぁ楽しかったさぁ♪」なんて思ってくれてるといいな。
すぐ隣にはみゅーとがいるし、少し間をあけてムニュぴーがいる。
淋しくないよね?大丈夫だよね?

でもあたしは淋しくて淋しくて、どうしようもないんだよ。
今すぐここに、この掌に、ぷるぅたんのぬくもりがほしいよ。

いつかきっと。
またここに、この手の中に帰ってこなくちゃダメだからね!
ちゃんと待っているから。。ずっとずっと。
また逢えるまで・・・それまでのさよなら。
またね。またね。またね。
スポンサーサイト